December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

目指せ2500万ドル!! Virgin Earth Challenge

第19回メインテーマ 目指せ2500万ドル!! Virgin Earth Challenge

>今月9日、ヴァージン・グループのリチャード・ブランソン会長とアル・ゴア前副大統領は、ロンドンで記者会見し、大気中の温室効果ガスを最低10年間継続的に削減できる技術(回収方法)を開発した個人あるいは団体に賞金2,500万ドルを授与する「ヴァージン・アース・チャレンジ」賞を創設したと発表した。
対象となる技術は、長期的効果を持ち、地球の気候の安定化に大きく貢献すると同時に、商業的に実現可能なものとしている。
ゴア氏を含む5人の審査員とアドバイザーによって5年間審査され、該当者が見つかれば5年を待たずに賞を発表する可能性もあるとか。


今週もゴア氏の登場です。
「よ〜し、2500万ドルGETだぜ!」と思ってよく読んでみると、な〜んだ、温室効果ガスを回収する技術か。
「現在の排出を減らす」じゃダメなんだ。

商業的に実現可能な「削減方法」なら、「チーム・車屋マイナス50%プロジェクト」いけると思ったのに。

世界的に自動車の販売台数はまだまだ右肩上がりです。現在の年間販売台数は5800万台(日本は約600万台)
累計は7.7億台にもなっています。

車屋も増える一方です。

そこで登場「チーム・車屋マイナス50%プロジェクト」

車屋は減らしつつ、世界的な規模で中古車を需要と供給に合わせて、リアルタイムに流通させることが出来たら、どれだけCO2削減になるでしょう。
例えば、中国などに拠点を作って、世界中の中古車を集め、安い人件費を使ってリフレッシュ(同一車種2台で1台を作ったりしながら)!
それを車の需要が高まっているアジアで販売すれば、今の中国産の新車よりも車としては上出来の、安い、リニューカーが出来るのではないでしょうか。

もしかしたら、日本でもこのリニューカーが今と同じくらいの中古車価格で売れるかも。

そうすると、新車生産台数の抑制にもつながります。

環境破壊し放題と言われている中国の工場の拡大スピードを少しでも抑制できれば、かなり地球に優しいはず。

2500万ドル(30億円)あれば、日本の市場はもちろん、市場規模最大の北米、そして欧州、中国にもどんどんこのシステムを展開できるのになぁ。

誰か出してください、30億。

みなさま、「Virgin Earth Challenge」に応募されるような企画をお持ちでしたら、ぜひ30億円をGETして、そのまま「チーム・車屋マイナス50%プロジェクト」に投資してください。


ディーラーが弱体化しているようです。
>マスコミの広告費を業種別でみると、「ファッション・アクセサリー」が、海外ブランドの広告が増加したことから10・4%増の高い伸びとなったほか、薄型テレビなどの新製品が相次ぎ発売された「家電・AV機器」も1・4%増となった。
一方、国内販売が低迷している「自動車・関連洋品」は、5・2%減となっている。


右肩上がりの市場ではないことが、広告費をみても明らかのようですね。
ディーラーは対策をされているのでしょうか。

繁忙期ですから、自社登録頑張ってください。
そして、格安未使用中古車の提供をよろしくお願いします。

ほんとビックリするくらい、ディーラーに人があふれています。
不動産屋さんとか、引越し屋さんはしょうがないと思うのですが、ディーラーに人があふれているというのはよく分かりません。

商談、整備、納車など対応しきれなくて、クレームが発生しているようです。
最近はblogというのがありますから、あっという間に広まりますよ。

原因は、「3月はディーラーが決算で数を売りたいから安くなる」という噂なのか本当なのか知らない神話が浸透してしまっているから。

その神話を作ったのはディーラー。

そのせいでクレームを多発させているなんて、笑えます。
不動産屋さんは、しょうがないですよ。人が動く季節なのだから。
お客様も理解をしてくれるでしょう。

でも、車屋は「別にいつでも同じ価格で買えるなら、いつでもいい。」という人が多いでしょ。
(昔のように、フレッシュマンセールとかっていう需要がある訳ではないと聞きますし。)
それで、思ったような値引きがなく、しかも対応が悪かったら、ダメですよね。
お客様は理解をしてくれませんよ。
comments

唐突にて恐れ入ります。此度、温暖化及び航空機騒音問題を解決するスパイラルタービンを開発致しました。本品は内燃機関のエンジン部又は排気口部へ取り付けることにより上記問題は解決するものであります。排気歯タービンの強力な吸収作用により外気と相殺されます。全世界に驚愕のインパクトを寄与するスパイラルタービンであります、なにとぞ宜しくお願い致します、

  • 曽山工
  • 2010/04/13 1:57 PM

世界初。地球温暖化及び航空機騒音問題を解決する驚愕のタービンを開発致しました。本タービンは内燃機関全般のエンジン部又は排気口部へ装着することにより上記問題は解決するものであります、用途は自動車、船舶、航空機,原子力潜水艦、機関車、チエンソー、その他。タービンの強力な吸収作用によりCO2を含む排気ガスは外気と相殺されて回転トルクに変換致します、。全世界に驚愕のインパクトを寄与するスパイラルタービンであります、ぜひご検討を賜りたく心から希望もうしあげます、

  • 曽山工
  • 2010/04/13 2:26 PM

愈々、本年、温暖化の主因であるCO2を吸収相殺するタービン及び、原発より高効率で安全で、家庭から大規模までできる発電システムを全世界へ発表致します。太陽光や、風力など、自然環境に左右されずいつでも、どこでも、原住民居住区でも発電できるシステムであります。50℃で、2,5気圧、原発は320℃で150気圧ですが、本システムは230度で150気圧です。熱源は、木材、木炭、地熱、熱湯、天然ガス,堆肥、練炭、ゴミなどであります。停電なく、電気は使い放題できる世界最高の圧力が得られる媒体を開発しました。熱機関は温度ではなく圧力が求められます。草々

  • 曾山 工
  • 2012/03/17 12:37 PM
   
trackback
pagetop