November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

愛媛県EV開発

愛媛県EV開発センター

>愛媛県のEV開発プロジェクトで、既存トラックを電動化した改造EVトラックの試作車が16日までに完成した。
今後は実証運行試験を進めるため、改造を手掛けた自動車整備の三共オートサービス(四国中央市)が同日、県庁で日本郵政グループの日本郵便輸送(東京)に車両を引き渡した。
EV化による新産業創出とクリーンエネルギーの普及を目的に、県や関連企業などが2013年9月から連携し開発を進めてきた。
試作車は、日本郵便輸送が無償提供した中古の4トントラックを改造。
エンジンを最大出力220キロワットの電気モーターに置き換え、リチウム電池も搭載した。
1回の充電で100キロ走行できる。改造費は1200万円。
運行試験は、日本郵便輸送四国支社(松山市)が3月中旬以降、実際の走行ルートで走行距離や実用性を検証。
改良を加えて16年度にトラック10〜20台をEV化し、17年度の市場参入を目指す。

>三共オートサービスは26日、大王海運(同市)に改造EV1台を納入した。
1月の愛媛銀行(松山市)に続き2台目。
今回納入した改造EVは、積載能力約750キロの中古のトヨタサクシードを用い、エンジンを出力22・7キロワットの電気モーターに交換、リチウムイオンバッテリーを搭載した。
約6時間の充電で走行距離は70キロ、最高速度は時速130キロ。価格は約280万円。
国土交通省の低公害車普及促進対策費約100万円の助成を受けた。
同社によると、改造EVでは四国で初めてという。
四国中央市中之庄町の三共オートサービス敷地内で同日、納入式があり、大王海運の吉岡治成部長が「環境に優しい物流企業のイメージを打ち出したい」とあいさつ。
三共オートサービスの松村俊哉社長は「走行距離をさらに伸ばしつつ、コストダウンを図りたい」と話していた。(12/4/27 愛媛新聞)

あの丈夫なサクシードをEVにするなんて、馬鹿げたことを。

>松山市の愛媛銀行は23日、営業車にコンバートEV(改造電気自動車)を導入し、本店で納車式を行った。
同行によると商業用コンバートEVの製作、導入は県内で初めて。
導入されたコンバートEVは、中古の軽自動車を改造したもので、最高速度は時速90キロ、6時間の充電で約80キロの走行が可能という。
県が進めるEV開発プロジェクトに賛同した三共オートサービスが製作した。
愛媛銀本店駐車場で開かれた納車式では、同行の中山紘治郎頭取が「ガソリン車と比べても遜色ない。愛媛の新たな産業づくりに貢献したい」とあいさつ。
中村時広知事も「低炭素社会を見据えたマーケットは広がりを見せている」と期待を込めた。
県は低炭素社会の実現やEV関連産業の創出などを目指し、EV開発プロジェクトに取り組んでいる。(1/24 産経新聞)

>県が2010年4月に研究開発を始め、同年秋に試作車が完成。県内の企業4社が県から技術指導を受けている。
三共オートサービスは、整備士2人を県の試作車製作時から派遣。
新産業創出支援を進める愛媛銀行の注文を受け、昨年5月から中古の軽ワゴン車の改造に取り組んできた。
ただ、部品代だけで250万円、車体などを含めると350万円となり、大手メーカーのEVに比べて割高なのが課題。
県は将来的に愛車をEVに改造したいという人に狙いを定めており、納車式に出席した中村知事は、「すそ野の広がりを期待したい」と話した。(読売新聞)

>自動車整備業の三共オートサービスはガソリン車をEVに有料で改造するサービスを始めた。
当面、年間10台の受注を目指す。
愛媛銀行から受注した軽自動車の改造がこのほど完了し、23日に納入する。
愛媛銀向けはスズキ「エブリイ」を改造し、リチウムイオン電池36個を後部座席の下に入れた。
当面、排気量が小さい自動車を中心に改造するが、将来はトラックやバスなどの排気量の大きい車両も改造する計画だ。(1/19 日本経済新聞)


三菱 ミニキャブ・ミーブは、7時間充電で150キロ(JC08モード)走れるし、
新車が300万円前後(さらに補助金が出る)で買える。
地方の企業のお遊びだね。(次のお客は、大王さまかよ。)
日本の産業のために、三菱さんから新車買えよ。

>しかし、これが今の状態で本当に愛媛県の産業の一角として成功するとは思えない。
スタートして既に2年が経ちますが、未だに未完成な試作車が、出来たてホヤホヤ。
全国に、いやとりあえず愛媛県だけでもサービス拠点を作る段取りもしてなけりゃ、キット化する車種も決まってない。
もう数年後には当たり前のように、電気自動車が国道を走っている時代が目の前に来ているはずだし、次のプラグインはリッター61キロをマークしたと言う。
それより問題は費用だ。コンバートするのに約100万以上のお金が掛かるらしいが、100万ってのは普通の主婦が軽四に月に2回ガソリンを満タンするのを想定すれば、10年分に匹敵します。
現実的な製作コストカットを含め何もかもが空論でしかないのは、助成金や補助金目的のプロジェクトになってしまわないか、余計な心配をしてしまいます(笑)
質疑応答の最後に、『このプロジェクトの残り3年で愛媛県は、産業としてどこまで見据えているのか?』『成功するのか?』と質問しましたが、解答では・・・
そりゃ、動いてないし、まともな解決策も決まってないし、パーツ調達もないのですから。
もっとアクティブに動けよ〜
このやり方とスピードで、県が投資した何億もの元が取れるのか不思議でなりません。
たぶん研修に来ている人は商売に少しでも繋がる事を期待しているんだから、全員が同じ様に思っていたと思います。
ま、これが愛媛県が僕達の知らない所でイメージアップとなり、良くなる事なら良いんですが・・・ね!
グダグダ外野が言っても仕方ないので、3年後に期待しときましょう!(笑)
色々見たけど、配線処理やワンオフ製作したパーツのクオリティは・・・
ウチに作らせてらくれたら、もっと完成度の高い車作るのになぁ〜
フィーストCEOブログより)


と、チューニング屋CEOが申しております。
ごもっとも。
県が投資した元が取れるわけがありません。
こんなもの、商売に繋がりません。
愛媛県のイメージアップ?なりません。

>愛媛県産業技術研究所EV開発センターは、既存のガソリンエンジン自動車を改造した電気自動車(EV)の製作と一般公開を始めた。
9月上旬の完成まで共立自動車大手町工場内(同)で製作過程を一般公開するとともに、EV開発センターのサイト内にもその映像を随時掲載する予定。
EVはダイハツ・コペンの中古車をベースに製作。一般公募した整備士が手伝い、7月末にモーターやバッテリーケース、制御ボックスなどの主要部品を車体へ取り付け、8月には電装品装着が完了する。完成車は今秋開く日本EVフェスティバル(レース)に出走させ、上位入賞を狙う。
改造費は車購入費を含め約500万円。(10/7/1 日刊工業新聞)
comments
   
trackback
pagetop