November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

有限会社本田商会

有限会社本田商会てづくり電気自動車教室・日本スモール・ハンドレッド協会
ツシマエレクトリック

 

あきたEV研究会

秋田県内の自動車整備や機械部品製造17社と県、県立大などでつくる「あきたEV研究会」が、軽トラックをEVに改造するプロジェクトを進めている。
改造費を100万円以内に抑え、2014年中の発売を目指す。研究会は11年に発足した。
市販の改造キットで試作車を製作し、一般の自動車整備工場でも改造が可能との手応えをつかんだ。
1回の充電で走行できる距離の延長や低価格化に向け改良に挑んでいる。
現在、1回の充電で走れるのは30キロ程度。発売時には50キロまで延ばす考えだ。
市販のEV改造キットは150万円程度だが、部品代や作業費を下げるなどして改造費を100万円以下にする。
農家の軽トラックに着目したのは、1家に1台とも言われ普及率が高いことと、要求される走行距離が短いためだ。
田畑への往復や見回りが中心なら、1日に走るのは5〜10キロ程度。
大手自動車メーカー製のように充電1回で100キロ以上走れなくても、実用に耐えられる。
農村部ではガソリンスタンドが減っており、EVの潜在需要は少なくないと見込んだ。
充電は7〜8時間。ガソリン車や軽油車の燃費に当たる電費は電力会社との契約によっても異なるが、平均するとガソリン車に比べ1/6程度という。
県内の自動車整備業界にとってもメリットは多い。
普及が進む大手メーカーのハイブリッド車やEVはディーラー以外の整備工場が手を出しづらいが、開発から携わったオリジナルEVなら修理が難しくない。
県軽自動車協会によると、県内の軽トラック保有台数は約8万9000台(13年3月末現在)。
全てEVに改造すると単純計算すれば、890億円のビジネスチャンスになる可能性を秘める。
研究会の鎌田学会長は「環境問題を考えれば、EV化の流れは止まらない。開発、生産、販売、取り付けと秋田の中で仕事を回せるようにして、乗り遅れないようにしたい」と話す。(13/12/31 河北新報)

このページが出来て4年以上経過しているのですが、まだこの程度。
最後の数字は、本気で言ってるのでしょうか?
2013年、ミーブのトラックが出て、補助金ありで150万ちょっと(ガソリン車の50万高くらい)からで買えるのに。
しかも、メーカー物で、新車でも、月10台くらいしか売れていないのです。
走行距離が短い=維持コストの差でメリット感は出せない って事だが、分かってないの?

山口市 株式会社TAMARU

藤深ライン

運送業の藤深ライン(新潟県長岡市、佐藤正樹社長)はガソリン車を改造した電気軽貨物自動車の営業ナンバーを取得し、21日にも生花などの輸送に投入する。環境に関心の深い顧客層の開拓が狙いで、電気自動車を使った輸送業務は県内運送業界では初めて。
同社は生花の専門知識をもつ女性スタッフを10人程度養成し、付加価値の高い輸送サービスの提供を目指す方針だ。
投入する電気軽貨物自動車は市内の本田昇代表と共同で開発。6月17日に北陸信越運輸局から営業ナンバーの交付を受けた。
最大積載量350キログラムで、鉛蓄電池を搭載。100ボルト電源のコンセントから約10時間かけて充電する仕組みだ。
「1回の充電の走行距離は40キロメートル前後」と短いため、輸送対象は生花などの軽貨物に限定。当面は大型トラックで県外から運ばれた生花を長岡市内で積み替え、市内の生花店まで輸送するのに使う。将来的には生花店からの宅配などにも運送業務を広げていく計画だ。
同社はトーア(長岡市)がJR長岡駅ビルに出店する生花店「花の駅 トーア」への生花の輸送業務を受託。県外から25トンの大型トラックで運んできた生花を市内で2トン車に積み替え店頭に運び込んでいた。当面はこの2トン車を電気貨物自動車に切り替える。同店の浅野ゆうこ代表は「環境問題に貢献できるうえ、排ガスを出さない電気自動車で届ける方がお客様にも喜んでもらえるのでは」と話している。
今回の電気貨物自動車の導入はまだ実証実験の段階だが、同社は燃料費の節約効果も期待。「軽油に比べ電気料は5分の1程度に抑えられる」(佐藤社長)とみている。
電気を動力とする貨物自動車は現在、市販されておらず、同社はスズキ軽貨物車のエンジンを取り外し電気自動車にほぼ1年がかりで改造した。(10/7/3 日経新聞)

常陸オート

常陸オート株式会社 亀岡支店(所在地:京都府亀岡市余部町宝久保28−1 支店長 加藤弘行)は、中古車をベースにガソリンエンジンを電気自動車(EV)に改造しリサイクルとECOを両立する事ができる改造電気自動車のプロトタイプの作成を6月28日・29日の2日間でおこなうことを発表する。
今回 発表する改造電気自動車は、次のとおりである。
■改造電気自動車(仮称:Ryoma)
プロトタイプの詳細ベース車両は廃車寸前のスズキマイティーボーイ(昭和58年式)とし、ガソリンエンジンを降ろしモーター及びバッテリーを積み込み、家庭用コンセント(100V)から充電可能なように改造を行う。
以降、7月中のナンバー取得にむけて進めていく。
■特徴環境都市の京都から自動車整備業として初となる、中古車ベース(リサイクル)の電気自動車を作成します。
CO2排出軽減の取り組みはもちろんの事、物を大切にしたリサイクルへの取り組みも両立した改造電気自動車(EV)です。
今回のプロトタイプについては、将来的に荷台にソーラー発電装置を搭載することが容易にできてさらなるエネルギー問題への取り組みの発展も期待できます。
また、改造した電気自動車の販売・リースに加え、改造電気自動車に興味のある人には改造用キットの販売や、技術指導も行ってゆく予定である。
※改造場所は本社(京都府南丹市八木町八木野条14-3)にて行います。(10/6/23 ドリームニュース)

会宝産業

自動車部品リサイクルなどの会宝産業は中古の軽自動車を改造した電気自動車を完成させ、7日、同社で説明会と試乗会を開いた。
中古車の電気自動車は環境への取り組みの一環として製作した。
1996年式のスズキのアルトを使い、エンジンや燃料タンクなどを取り外し、リチウムイオン電池のバッテリーを搭載した。充電時間は8時間で、フル充電で40〜50キロ走る。車を除くバッテリーなどの部品代は約160万円だったという。
名称は「りくつな」の意味を込め、「Re927ev」と名付けた。販売価格は92万7千円を目指し、改良を進める。(10/7/8 富山新聞)

加藤自動車工業

ゴトウ石油

10/5/13 広島で手づくり電気自動車のキット販売開始! 広島ホームテレビ
>ガソリンスタンドなどを経営する尾道市御調町のゴトウ石油(後藤公作社長)が、異分野の電気自動車(EV)の製作に取り組んでいる。EVを手づくりできるキットを個人で考案した新潟の会社経営者からキットを購入し、廃棄寸前の軽自動車を改造。早ければ今週末にもナンバープレートが取得できる見込みで、近く試走会も予定する。
「一般人レベルでもCO2削減に役立てる」とEVの普及の輪を広げていきたいという。
EVづくりの中心を担っているのは、同社専務の高木茂実さん(50)。CO2削減への社会の意識が高まる中でガソリンスタンドの利用が減る傾向にあり、さらに最近のハイブリッド車では多くの場合、自動車の整備をディーラーが抱え込む現状に危機感を抱いて今後の経営の方向性を模索していた。
昨年11月初め、本田昇さんがホームページ上で改造キットを販売していることを知った。「そんなに簡単にできるのか?」と疑問に思いながらも連絡。本田さんの誘いを受け、1週間後に長岡へ向かい、手作りEVを見せてもらった。
6キロワットのモーターにスピードコントローラー、1個12ボルトの鉛バッテリー8個と、充電器を搭載するだけの簡単な作りで「整備士の知識があれば、十分に製作できる」と実感。コントローラーなど基本部品が地元・府中市のツシマエレクトリック製だったことにも縁を感じた。
家庭用コンセントで充電すると10時間のフル充電で40キロ走行でき、軽乗用車のガソリン代に比べ、電気代は10分の1程度にとどまるという。
キットの総額も約85万円と手頃で、鉛バッテリー代を含めても約100万円の計算だ。
廃車寸前の軽乗用車を2万円で購入し、今年1月初めから本格的に改造に取りかかった。エンジン、マフラー、ラジエーター、ガソリンタンクを外し、キットを取り付け、今月初めに車検を申請した。キットを載せる鉄の取り付け台などをホームセンターで購入するのに手間取ったが、今後は1週間程度あれば製作できるという。(10/2/16 朝日新聞)

STO、相互自動車

>電気自動車(EV)を普及させようと、佐久市の市民グループ「さわやか信州ちょい乗りEV研究会」(佐藤定男代表)が、軽貨物車を改造したEV第1号を完成させた。
メンバーは、買い物や農作業など手軽にお出かけできるEVを、市販の製作キットで手作り。今月中にも車検に合格するため、最後の調整に余念がない。
研究会は、同市内山の介護用品販売業の佐藤さん(68)が呼びかけ、知人で市内の自動車整備工場経営、長岡照男さんら6人で8月に設立した。三菱自動車がリチウムイオン電池を使ったEVを460万円で発売したことが話題になった時期だ。
佐藤さんは「460万円より安いコストで、買い物など出かける『ちょい乗り』のEVをつくりたい。地球温暖化防止にも役立つ」と思い立った。
新潟県内の会社から製作キットを購入。9月中旬から改造を始めた。中古車のエンジンなどを取り外してモーターを乗せ換え、駆動輪に直結。電源は12ボルト鉛蓄電池8個を貨物部分に設置した。
以前からEVに関心があり、手作り講習会に参加した長岡さんが改造の責任者となり、2週間かけて組み立てた。
EVによく使われるリチウムイオン電池は330ボルトと強力で160キロメートル走るが、同研究会の改造EVは鉛バッテリーで計96ボルト。12時間の充電により、時速50キロで40キロの走行が可能という。
EVは3、4日の「さく市元気祭り」会場でデモ走行と試乗会を行った。15〜20組の人たちが試乗し、「静かでスムーズな発進。どの程度馬力があるのか」など興味津々の様子。
佐藤代表は「仲間になりたいという人もいた。勉強会を開いてメンバーを増やし、一緒に組み立て普及を図りたい」と話している。(09/10/21 毎日新聞)

>8月下旬に設立した研究会のメンバーは仕事仲間の自動車整備業者や印刷業者ら佐久市内の6人。改造方法を習得し、会員の整備工場で第1号の完成を目指している。来月3、4日に同市内で開かれる産業まつり「さく市」で紹介する予定だ。
県内では、日本EVクラブ松本(松本市)が1995年から、改造EVを使って普及のPR活動を続けている。数百人が運転を体験した。
代表の横内照治さん(55)は「EVはガソリン車を補完する存在。通勤や買い物など近距離を移動する足として導入するのがいい」と話す。
車検登録している横内さんのEVは2台。EVを実用する人は増えていないが、「自動車メーカーの製品が出てきたことで、2年後には増えてくる」とみる。一方で、電気を生む火力発電がCO2を排出している問題点も指摘。自転車の利用促進も呼び掛けている。
佐藤社長は「高原の観光地がある信州で、排ガス削減は意義ある取り組み」と話す。まずは会員への普及に努め、来年度中に3台を実用化するのが目標だ。電気で動く乗り物を体験してもらうため、立ち乗りの電動スクーターも販売している。(9/18 信濃毎日新聞社)

丸菱電子

comments
   
trackback
pagetop