November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

電気自動車のタブー「航続距離」

走行条件によって大きく変わる電気自動車(EV)のタブー「航続距離」の正体 ダイヤモンド・オンラインより

>ついに、「真剣に速さを競う」EVレースが始まった。
海の日で祝日だった10年7月19日、袖ヶ浦レースウエイ(1周2.4km/千葉県袖ヶ浦市)で全日本EV選手権第1戦が開催されたのだ。
 「全日本」と銘打つも、参加車はたったの9台。
市販車クラスが6台で、2台が全日本GTカー選手権の老舗プライベーター「チームタイサン」のテスラ「ロードスター」。
残り4台が三菱「i-MiEV」で、そのうち3台は三菱自動車工業本社の広報車両だ。
その他、改造車クラスに、自動車整備の専門学校/千葉自動車総合大学校から「カローラEV」とスバルの軽自動車「ビビオEV」、さらに「チームタイサン」のポルシェ「916EV」が参加した。
これまで、日本でEVレースというと、毎年11月に筑波サーキットで開催される「EVフェスティバル」に代表されるように、「速さ」より自主改造の技術向上を狙うことを基盤に運営されてきた。
対して、こちら「全日本EV選手権」は、電気自動車の高速走行パフォーマンスを前面に押し出すものだ。
大会当日の午前10時過ぎ、各車が練習走行を開始するころには、気温34度、路面温度67度に達した。
そうしたなか、各車は大きな壁にブチあたった。
「全開走行だと、2周もたない。バッテリーの警告ランプがつくし、モーターの警告ランプが付いた、それまで200Nmだった最大トルクが、コンピュータ制御がかかって一気に4分の1程度まで落ちて、加速できなくなった」(テスラロードスター、飯田章選手)。
 「警告灯はつくし、クルマが重いし、リアの重心は高いし。コーナーの入り口ではアンダーステアが強くて曲がりづらいし、コーナーの出口ではいきなりオーバーステアでリアが大きく流れるし。とにかく大変だ、このクルマを速く走らせるのは」(テスラロードスター、植田正幸選手)。
「バッテリーの過熱も課題だが、思ったより電気を食ってしまって。決勝ではかなりペースダウンしないと完走出来ないかもしれない」(三菱i-MiEVでの出場者)。
また、デモンストレーション走行を行った、BMW「Mini E」も「各種警告灯がついてしまって2周もたない」と、早々にピットインした。
午後3時過ぎからの決勝(50km)。
テスラ2台が「熱への懸念」からレース序盤/中盤で様子見走行するも、レース後半には「航続距離への懸念」でペースダウンする「i-MiEV」たちを一気に引き離した。
「i-MiEV」の電池消耗量は、ハイペースで走行すると電池残量表示の1目盛(全部で16目盛)でコース1周(2.4km)だった。
つまり、満充電状態での航続距離は、16×2.4=38.4kmとなった。
これは、同車のカタログ値(10・15モード)の160kmの4分の1以下だ。
また、テスラ「ロードスター」の航続距離は、390km(米国LA4モード)。
だが、今回のようなサーキット走行では極端に航続距離は落ちるため、チーム側は商用の大型発電機をピットに持ち込み充電作業にあたっていた。
なお今回出場の改造車クラスの3台は鉛蓄電池搭載で、50kmを完走するためにかなりペースダウン。
量産型EVに何度となく周回遅れにされた。
量産型EVの航続距離については、日産が今年6月11日〜19日、同社追浜工場(神奈川県横須賀市)敷地内でマスコミ、アナリスト、株主等向けに開催した「リーフ試乗会」でも波紋を呼んだ。
日産側は同車の航続距離の詳細を初めて公開したからだ。
これまでの同車資料では、航続距離は米LA4モードで100マイル(160km)とされてきた。
だが使用条件で航続距離は大幅に変化するという。
例えば、北海道の草原地帯を時速60kmで定速走行すると、航続距離は220km。
対して、夏場で都心などで渋滞になりエアコンをつけて時速10km程度でノロノロ走行すると、航続距離は75km。
また欧州走行モードとして、平均時速81kmで走行すると、航続距離は76km。
こうした「走行条件別の航続距離」について、同試乗会に参加したマスコミ多くが明確に伝えなかった。
日産自動車マーケティング本部・マーケティングダイレクター(兼)ゼロエミッション事業本部事業部長(兼)渉外部担当部長、島田哲夫氏は、こう以下のように説明した。
「使用条件でEVはガソリン車より航続距離が変わる、ということをまずユーザーに(今後)伝える。
そのうえで、どういう条件で変わるのかを理解して頂くことが、EVを使って頂く際のポイントだと思う。
一般的にガソリン車の場合、ユーザーの方の多くがカタログ燃費を鵜呑みにはしていない。
実燃費がカタログ値の2〜3割減が当たり前、という風潮がある。
EVの場合、そのような『世間相場』がない。
それを我々メーカーとして(世間相場を)作るつもりはない。
(事例として)初期にi-MiEVを購入した顧客から(実際の走行条件で、10・15モードの160kmの)『なんだ半分しか走らないではないか』という声があったとも認識している。
そうしたなか、我々としては、ユーザー側とより密接なコミュニケーションをとっていく。(航続距離の変化を理解してもらうには)時間はかかると思うが、今後ジックリと説明していくつもりだ」(島田氏)


【関連】
電気自動車のタブー「航続距離」2
comments
   
trackback
pagetop