November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

株式会社Takayanagi

株式会社Takayanagi

ミルイラ

>Takayanagi代表取締役の高柳力也氏は、Miluiraが街中を走ると、「思わずほほ笑む女性が多い」と言う。同社は、2010年12月に東京都渋谷区の原宿近辺でデモンストレーション走行を行った。高柳氏によると、女子高生や若い女性たちは付近を走るポルシェやフェラーリをそっちのけでMiluiraに注目していたそうである。
Takayanagiのこだわりは、電池の選択にも表れている。通常EVにはリチウム(Li)イオン電池が搭載されることが多いが、Miluiraでは、ガソリン車用のバッテリーとして一般的な鉛蓄電池を採用する。これを6個直列に接続して使っている。それでも車体が350kgと比較的軽いため、60km/hの最高速度が出せる。充電1回当たりの航続距離は35kmと、割り切った仕様にした。
同じ重さのLiイオン電池を搭載すれば、航続距離は100kmを超える。しかし、高柳氏はコンバージョンEV(ガソリン車などのエンジンをモーターに替えた改造EV)などで採用が増えてきた中国製や韓国製のLiイオン電池を使うつもりはないという。その理由として同氏は、電池管理システムの設計が複雑になって開発費が高額になってしまうことと、Miluiraをすべて国産の部材や技術で造るという方針に沿わなくなることを挙げる。
浜松ではTakayanagiなどが発起人となり、NPO法人「浜松スモーレストヴィークルシステムプロジェクト(HSVP)」を立ち上げた。HSVPは、浜松市を小型EVの特区とするように内閣府に申請している。この申請において、四輪の原付に対する出力制限や定員数の規制緩和を政府に働きかけている。この規制緩和が実現すれば、現在は1人しか乗れないMiluiraなどの四輪原付で2人乗りが可能になる。また出力でも原付の上限0.6kWをもっと高めることができれば、より実用的な走行ができる。(11/1/31 日経新聞)

>新分野の電気自動車(EV)開発に取り組んできた工業用模型製造の「Takayanagi」(浜松市西区、高柳力也社長)は1日、1人乗りの超小型EV「Miluira(ミルイラ)」を発売する。
車両の全長は2・2メートル、幅は1・3メートル。「ニュークラシカル」をコンセプトに外観やフレームなどをレトロな雰囲気に仕上げた。モーターと制御装置は自社開発した。
バッテリーには鉛電池を使用し、1充電当たりの走行距離は35キロ。家庭用100ボルト電源で充電できる。最高時速は60キロ。
四輪独立懸架のサスペンション採用で「スポーツカー並みの足回りと走行安定性を実現した」(同社)。販売価格は630万円。
同社は海外の同業者とのコスト競争の激化や景気低迷などの影響で本業の受注が激減したため、生き残りをかけて07年から木型作りのノウハウを生かした超小型EV開発を進めてきた。
高柳社長は「中小零細企業が蓄積した技術を残すためには新たな産業の創出が不可欠」と話す。
ミルイラは最高級のフラッグシップモデルと位置付け、年間10台の販売を目標にしている。
今後は「手ごろな価格」(同社長)の超小型EVの開発・販売も目指す。
同社は1日、都内でミルイラの発売会見を開く。2〜5日には東京都渋谷区のデザインフェスタギャラリー原宿に展示する。(10/12/1 静岡新聞)

>金額でみて部品の8割を地元の中小企業約20社から調達して作る、「浜松産EV」だ。手作りで、外観はクラシックカーのように仕上げた。
「原動機付き自転車」として登録するが、運転には普通免許が必要。年間約20台を作る計画だ。
タカヤナギは従業員8人の零細企業だが、このEVのアルミ素材の車台や、ケースに炭素繊維を使ったモーターは、自力で開発した。1日、都内で記者会見した高柳力也社長は「大手メーカーの海外進出で、中小・零細企業は仕事がなくなり、職人も減ってしまった。ミルイラは日本にものづくりを残すための挑戦だ」と語った。(朝日新聞)

>浜松市周辺は古くから輸送機器産業を中心に発展してきたが、近年は生産量の減少、製造コストの削減に加え、大手メーカーの海外への生産拠点移転もあり、低迷から抜け出せず、ものづくり技術の蓄積・継承が困難になっている。
ミルイラはこうした状況を、新たな産業の創出により食い止めたいという想いのもと、3年前から開発が続けられてきた。
バッテリーは密閉式鉛電池を6個搭載し、家庭用アース付きAC100V電源で充電可能。満充電までの所要時間は12時間で、航続距離は一般的な市街地走行で35kmとなっている。
ハンドメイドのため受注生産体制をとっており、納車までの期間は3ヶ月、初回納車は2011年4月を予定している。価格は630万円で、購入はホームページ等で受け付ける。浜松市近郊では試乗会の開催を企画しており、遠方の顧客には説明・試乗に伺うとしている。(レスポンス)
comments
   
trackback
pagetop