November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

シムドライブ

シムドライブ

毎年度末恒例の「やってます」アピールお疲れ様。
>シムドライブは31日、試作車「シムハル」を公開し、試作車をベースにしたEVの量産化を目指して国内外の自動車メーカーと提携交渉を進める方針を明らかにした。
シムハルは試作車の第4弾。
モーターの小型軽量化に成功し、EVの課題とされる走行距離を、前回の試作車に比べて約2割アップの最大約400キロまで改善した。
2人乗りで最高時速は180キロ。
田嶋伸博社長は「いよいよ事業化の段階に入った。EVを量産して社会に普及させたい」と抱負を述べた。(14/3/31 共同)

>“モンスター田嶋”こと田嶋伸博氏が、SIM-Driveの代表取締役社長に就任することが発表された。
田嶋氏は、自身の会社 タジマモーターコーポレーション の代表取締役社長を辞任しての就任となる。
会場では、田嶋氏は「この3年間のSIM-Driveの経験と実績を生かして、私の方ではできるだけ早く実用化できるよう、電気自動車の普及にお役に立てるよう頑張りたい」と挨拶した。
一方、これまで代表取締役社長を務めた清水浩氏は、取締役兼ファウンダーとしてインホイールモーターの研究に専念する。
清水氏は「新しい体制を作ろうということで田嶋さんを社長としてお迎えし、この会社をより大きくしていこうと決議しました。私はこの会社をさらに盛り上げるため今まで以上の力を注いでいくことをお約束し、世界中に電気自動車を広げていくことを続けていきたい」と語った。(13/3/27 レスポンス)

>SIM-Driveは2012年2月より行ってきた先行開発車事業第3号「SIM-CEL」が完成したこと、ならびに2012年5月より募集していた「先行開発車事業第4号」の開発開始を発表した。
シャシーはホイールベースは第2号車の「SIM-WIL」と同等の2950mmとしながらも、前輪ならびに後輪トレッドを100mm程度ずつ拡大(前輪は1405mmから1530mmへ、後輪は1375mmから1500mmへ)し、重心を10mm下げたほか、タイヤサイズも185/65R15から195/55R16へ、ホイールサイズも15インチから16インチへとインチアップされているが、最小回転半径5.5mを実現可能となっている。
一方の第4号の開発は2月25日より始まっているとのことで、今回は14社・機関が参加し、2014年3月31日までの予定で開発が進められる。
参加を公開している企業の中でもマレーシアのArcaは同国政府が後押しする形で参加しており、同社では2020年に130万台市場とされる同国の自動車市場の10%をEVで獲得することを目標に掲げており、そのために3年以内にSIM-Driveの技術をベースとしたEVの量産を月産10万台規模で確立させたいと意気込みを語っている。(マイナビニュース)

>シムドライブは28日、1回充電当たりの航続距離が351キロメートルの第2号試作EV「SIM-WIL(シム−ウィル)」を発表した。
開発には国内外から34機関が参加しており、2014年の量産を目指す。
同社は昨年3月、第1号試作EV「SIM-LEI(シム−レイ)」を発表している。
新EVは、先行EVよりも電池容量を35キロワット時と約3割拡大した。
さらに独自技術のモーターを車輪に組み込んだ「インホイールモーター」の使用電力効率も先行EVよりも向上。
新たな車体構造の採用などで軽量化を図り、航続距離も351キロと約3割伸ばした。
会見した清水浩社長は、「これまでの研究開発の歴史のなかで、最もすばらしい先行試作EVが完成した」と語った。(12/3/28 SankeiBiz)

>100キロまでに到達する加速時間は5.4秒と中級レベルのスポーツカーに相当する。
第二号車の開発には34の企業が参加した。
基本技術である、車輪側にモーターを搭載した「ダイレクトドライブ方式インホールモーター」や、電池・インバーター・コントローラーを全て床面に収納する「コンポーネントイン式フレーム」の機能を更に高めると共に、車両の軽量化や、電池容量を35キロワット時に拡大するなどの改良を加え、航続距離は351キロメートルまでに伸びた。
会見に出席した清水社長は
「過去の30年の歴史でも最高の車ができたと自負。世界最高の電気自動車が出来た。
同社はオープンソースとして世界に技術を提供し、できるだけ早い時期で投入を目指したい」
と述べ、独自技術のダイレクトドライブ方式インホールモーターは今後、国や企業に関係なく、技術供与するとした。(ファスニングジャーナル)

>シムドライブは1月26日、電気自動車(EV)開発プロジェクト「先行開発車事業第2号」の発表会を開催した。
同社はEV技術の普及を目的として2009年に創設された企業で、各種企業の賛同を募ってEV開発プロジェクトを推進している。創設者は清水浩社長で、清水社長は高速EV「エリーカ」などの開発で知られる。
参加企業は参加費として2000万円が必要だが、プロジェクトで得られた知見は「オープンソース」として参加企業間で共有し、試作車をベースとした量産車を発売するなど、それぞれのビジネスに自由に活かすことができる。
シムドライブの役割は、EVを販売することではなく、開発を取りまとめ、EV技術を普及させることだ。  
2010年1月には開発プロジェクト第1弾となる「先行開発車事業第1号」を開始。自動車メーカーと自動車関連企業、新規参入企業、自治体を含めた34の機関が参加し、1号車の開発を進めてきた。1号車は3月29日に秋葉原で披露される予定で、2013年の量産を目指す。
第2弾プロジェクトとなる先行開発事業第2号には、1号と同様に34の企業が参加し、2号車を開発する。期間も1号と同じく1年間だ。2012年2月をめどに完成させ、ナンバーを申請、2014年頃の量産を目指す。
2号車がどのようなクルマになるかは未定で、これから参加企業のディスカッションにより決定する。
清水社長によれば「乗用車、多目的車、びっくりするような高性能のスポーツカーになるかもしれない。ただ、大型のバス・トラックにはならない」とのこと。
しかしそのメカニズムは1号車と同じく、各ホイールにモーターを内蔵する「インホイールモーター」と、車体床下に走行に必要なコンポーネントを収める「コンポーネントビルトイン式フレーム」を採用する。モーターを車体に搭載する方式に比べ、これらは航続距離の伸長、車内空間の拡大、軽量化、低重心化、優れた衝突安全性の面で有利としている。
2号車の狙いは「1号車を発展させたEVの試作」。信頼性、耐久性、安全性を追求し、「NVH」と呼ばれる音、振動、突き上げに対してより高い配慮を払う。さらに将来の大量生産に向け、生産性を重視した設計、材料、部品の見直しを図る。
2号車でのもう1つの大きなテーマは、化学素材を用いて軽量化やコストダウン、リサイクル性の改善を図ること。このため2号車のプロジェクトには化学産業から多数の企業が参加しており、さらに「電気自動車化学産業研究会」を立ち上げ、化学産業がEVにどのように貢献できるかを検討する。これは「年度をまたがった継続的な研究」として続ける。
清水社長は「大きなイノベーションが起きるときは、これまでになかった新しい技術が入ってくるチャンス。内燃機関は鉄が素材の主役だったが、EVは化学産業から出てくる新しい素材に置き換わる1つのチャンスだ」と、化学企業の参加への期待を述べた。
2号車にはさらに、「新しい概念で開発」し「自動車の常識にとらわれない、これまでにない新しい機能」を付加するという目的がある。
具体的な機能は開発の過程で生まれることになるが、その方向性は清水社長によれば「たとえば電話の時代は音を聞くだけだったが、携帯電話になって機械が電気になったとたんに(メールなど)あらゆるアプリケーションが入ってきた。それをヒントに、クルマが電気になるということは、乗り物としてのクルマが変わるというだけでなく、その他のアプリケーションも大きく広がっていくことになるだろう。新しいアプリケーションにも構想を巡らせていこうと考えている」というもの。
その例として「(2号プロジェクトにはタクシー会社の)東京エムケイが参加しているが、タクシーに使うクルマとしての機能だけでなく、どんな新しい付加価値を与えていけるか、といったことを頭の中に入れながら開発していきたい」を挙げた。
2号プロジェクトでは、シムドライブの自主研究として、2号車のダイレクトドライブモーターとインバーター、バッテリーを使い、既存のガソリン車をEVに転換する、いわゆる「コンバートEV」も研究する。シムドライブの技術を使うことでコンバートEVも「1回の充電あたりの効率がよくなり、3割程度は航続距離が伸びる」(清水社長)。
シムドライブの福武總一郎会長(ベネッセホールディングス会長)は、EV普及協議会会長としてコンバートEVのガイドラインを作っているところ。「世界の9億台と言われる石化燃料のクルマを少しでもEVに変え、子供たちに美しい地球を残したいという思いを実現できると思う」とコンバートEVの可能性を語り、コンバートEVの世界標準作りへの意欲を見せた。(11/1/26 Car Watch)
comments
   
trackback
pagetop