November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

充電レスキュー

>日産自動車と日本自動車連盟(JAF)は6日、充電機能を備えたロードサービスカーで電池切れの電気自動車(EV)を救援する実証運用を、神奈川県と東京都の一部で7日から開始すると発表した。
12月31日まで実施し、日産は実証結果を今後の充電インフラ整備に役立てる計画だ。
日産が環境省の委託を受け、EVの電池切れに対応する充電機能を搭載したロードサービスカーを開発。横浜市神奈川区のJAF神奈川支部に配備し、JAFが救援状況やサービスカーの使用状況などのデータを集め、今後のサービスカー開発の参考にするという。
JAFによると、昨年8月〜今年4月末に出動したEVへの救援は86件。
このうち、路上での電池切れが73件に上り、対応が課題となっている。
開発したサービスカーには、40キロの距離を走行できる充電が20分で可能な急速充電機を搭載。
国内メーカーのEVすべてに対応し、実証運用期間中はJAF会員でなくても無料で救援するという。  
会見した日産の川口均常務執行役員は「EVユーザーに二重、三重の安心を提供できる。インフラ整備に役立てたい」と述べた。(11/6/7 毎日新聞)

>会見に同席した日産の川口均常務執行役員は「86件の大半がレンタカーで、どこまで走れるか試してみようとして、電池が無くなったケースもある」と述べた。
電池が切れたEVの救援は「基本的には充電設備のある自宅やオフィスなどドライバーが希望するところまで搬送し、そこで充電してもらう」(久米正一専務理事)ことで対応しているという。
 7日から日産と共同で実証運用を開始するEV用充電機能付きロードサービスカーがあれば20分間で40km以上の走行が可能になるよう充電(日産『リーフ』換算)できるとしている。(レスポンス)


以前から書いていますように、EVは近距離用。
「普通の車とは違う。」と思わないといけない。

が、現在売っているのは自動車メーカー、ディーラーであり、EV情報はまんじゅうもらっているメディア、CM、雑誌なので、「普通の車と同じように使えます。」と言わないと売れないと思っているようで。

普通の車のように運転したり、試乗車やレンタカーで冒険したり・・・。
また、こういう新しいインフラも話題になっちゃうのですね。

往復100キロくらいの通勤や、送り迎え+お買い物、ルート営業、ぐるっと回っても50キロくらいの島民用など、「家で夜充電して、昼使ってください。」で事足りるターゲット層に、「パソコンに真っ向勝負しないiPad」のような売り方をすれば、こんなに電欠しないだろうし、インフラは要らないのです。

電欠すると、ほんとやっかいな物体。

73台の電欠出動 月8台くらい。EVは現在で6000台くらい?
これって、多いですよね?(まだまだ分母が少なすぎますが。)
ちなみに、JAFの普通の車のガス欠出動は、6000万台の分母の7500〜8000台/月なので、電欠出動は10倍?
comments
   
trackback
pagetop