November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

東京R&D

東京R&D 

株式会社stEVe 

>慶応義塾大学発ベンチャーのシム・ドライブと、自動車の設計や開発を手がける東京アールアンドデーが共同で、EV開発の受け皿を担う新会社を設立した。
両社のノウハウや技術を集約し、EV開発の効率化を図るのが狙いだ。
まずは2012年初めにガソリン車を改造したEV(改造型EV)の完成を目指す。
まだ相手は未定だが、大手自動車メーカーとの連携の道を探りつつ、ベンチャー発の駆動装置を世に広めようともくろむ。
新会社「stEVe」(スティーブ)は、改造型EVの設計・開発や技術供与を行う。資本金は1000万円で、出資比率はそれぞれ50%ずつ。(11/10/18 日刊工業新聞)


株式会社ピューズ

>ピューズが、うるま市の特別自由貿易地域(特自貿)に進出し、業務を開始している。
主要メーカーが続々とEVを投入する中、近距離用の移動手段として軽自動車やバスなどをEVに改造する需要が高まると見越し、生産体制を強化する。
排ガスによる大気汚染問題を抱える東南アジアへの輸出体制も整え、自社製造のEVも販売する。
3年後には小型EV150台、EVバス20台を生産し、5年後に売り上げ10億円を目指す。
省エネやCO2削減への意識の高まりから、同社には市営バスやリゾートホテルの敷地を走行する車両、スーパーの移動販売車などをEVに改造する依頼が増えている。
これまで神奈川県内の工場で対応してきたが、敷地が手狭で、新たな生産拠点を探していた。
新興国ではEV製造を新たな産業と位置付ける国もあり、同社は韓国やマレーシア、インドに自社で開発したモーターやバッテリー、制御装置を販売している。
今後、フィリピンやタイ、インドネシアなど東南アジアへのEV販売も強化する方針で、地理的に近く、海外調達部品に関税が掛からない保税倉庫などの優遇措置が受けられる特自貿への工場開設を決めた。県内製造によりコストが3割削減できるという。
3年間は国内向けの改造・製造に特化、4年目以降から海外販売を目指す。
モーターやバッテリー、電子機器を車体に組み込む複雑な作業は県内で、内装や塗装などの最終工程を海外工場で分業する体制を整える。
13日から稼働した工場には技術者8人を配置。
県内採用を進め、3年後には20人規模を想定している。
同社の宮下泉営業本部長は「EVの需要は今後ますます高まっていく。輸出拠点としての整備も進め、生産拡大に力を入れたい」と話した。(12/2/17 沖縄タイムス)

>グループ企業で業界最大手の東京R&Dが県のEVバス関連実証運用事業を受託。
2社で連携し県が計画に掲げる5〜6月のEVバス県内第1号の運行へ向け、中古バスのEV改造作業を進めていく。
県は4年程度をめどに12台のEVバスの運行を目指す。
同事務所は県計画に沿った生産を中心に、国内外のニーズに伴い、増産体制を図っていく考え。
ピューズは「1台目の成功が鍵となる」とした上で「EVバスの関心が高い中国などアジア各国への生産拠点として成長させたい」と意欲を示す。
東京R&Dは「拠点形成はもとより、改造EVバスに関する沖縄への技術移転を重要テーマとして捉え、県内企業とも積極的に協力していく」としている。
同特自貿で沖縄工場を構えるキャンピングカー製造販売のトイファクトリーと共同作業していく。
走行距離が課題となるEVバスにおいて、島しょ県・沖縄での需要増への期待に加え、税の優遇措置やアジアに近い地理的な優位性が魅力という。
生産体制は、東京R&Dが設計や改造などを行い、ピューズが電装面や制御面を担当する。
国内で走るEVバスのほとんどは2社が共同で手掛けている。 (琉球新報)

ベタープレイス バッテリー交換式電気自動車タクシー 3台製作
comments
   
trackback
pagetop