November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

日本エレクトライク

日本エレクトライク
関連会社 日本ヴューテック、東科精機

>国土交通省は8日、神奈川県川崎市の三輪EV(電気自動車)のベンチャー企業、日本エレクトライクに対し、自動車の量産のための型式認定を認める決定を出した。〜
既に今年2月からは富山県内の工場が稼働を始め、年間100台を生産目標としているが、今後はアジア諸国への展開も視野に入れているという。〜
エレクトライクには高性能小型バッテリーが搭載されている。家庭の電源から充電が可能で1回の充電で最大約60km走れる。
航続距離を伸ばすためにエアコンは登載していない。(15/6/9 日経ビジネス)

>最高時速は49キロ。小柄な車体ながら、荷台には150キロ積載できる。
車両は、航続距離が60キロのAタイプと30キロのBタイプ。
価格はAタイプが160万円、Bタイプが130万円で、補助金の利用によりBタイプは実質100万円程度になるという。
2015年度100台、16年度は200台の製造販売を計画している。(時事通信)

>エレクトライクは「側車付き軽二輪」という区分で、車庫証明は要らないが、年額2400円(2016年4月以降は3600円)の軽自動車税がかかる。(読売新聞)

前回の記事から2年、価格も出てないし、1/12の生産目標だが、ちゃんと計画通り市販化です。
どこかの京大クソベンチャーと、えらい違いだ。
>これまでは型式のない「改造車」として数台しか販売していませんでしたが〜(NHK)
このくらいなら、ご愛嬌だ。(下の記事の計画通りなら、今100台以上が走っててもいいのだが)
この差が、やっと作れる体制が出来たEVを売って、
今後、補助金狙いのクソベンチャーで終わるか、事業として成り立つか?、産業として育つか?だろう。

>川崎市中原区のベンチャー企業「日本エレクトライク」(松波登社長)が、三輪電気自動車の実証実験に乗り出した。
市内の牛乳宅配業者など5事業所が協力。
車に計器を取り付け、半年間、走行距離や電気使用量などを記録し、現行の電気自動車(EV)よりいかに“省エネ”かを検証する。
「実験をして結果を公表することで、エレクトライクがどれだけ環境に優しいかを知ってほしい」。
松波社長は、実験の狙いをそう話す。
実証実験に使われるのは、同社が開発や販売を手掛ける1人乗りの「エレクトライク」。
今回の実験は、エレクトライクが同市の「かわさき環境ショーウィンドウ・モデル事業2013」に採択されたことから、市の委託で行われる。
協力するのは▽牛乳の宅配などを手掛ける「柏屋」(川崎区)▽「神奈川東部ヤクルト販売」(高津区)▽酒類販売の「カクヤス」▽配送業の「エコ配」▽建設業の「興建」−の5社。
日々の配送などで使用する。
走行距離や電気使用量に加え、充電時間や気温・湿度も記録し、来年2月の「川崎国際環境技術展」などで結果を公表する予定だ。
2日には中原区の同社で納車式が行われ、各事業者に松波社長らから鍵の模型が手渡された。
柏屋の松永廣美社長は「環境面を考えて協力した。普段は軽自動車で配達しているが、EVだとエンジン音が静かになる」と期待を寄せた。
神奈川東部ヤクルト販売の前田典人社長も、「半年間テストし、コスト面や実際の使い勝手が良ければ導入を検討したい」と話した。(13/10/2 カナロコ)

>日本エレクトライクは十六日、自社で開発したエレクトライクの受注を始めた。
価格は二百万円(税別)で、本年度は川崎市で十台、来年度は全国で百台を試験販売。
二〇一五年四月からは量産態勢を整えて価格を百万円以下に抑え、月百台の販売を目指す計画だ。
エレクトライクは一人乗りで、後部の貨物部分に百五十キロの荷物を積むことができる。
運転には乗用車の免許が必要。
二輪の小回りと経済性、四輪の積載量を兼ね備え、近距離の宅配で利用できる「業務用コミューター」としての活用を想定している。
車体はインドの自動車大手バジャジ・オートから輸入。
エンジンを取り外してバッテリーとモーターを取り付け、二台のモーターで左右の後輪を別々に動かすことで安定性を高めた。
当初は一二年度に受注開始を予定していたが、国土交通省の認定手続きに手間取り、約九カ月遅れたという。
松波登社長は「危険だと言われていた三輪車が、役立つことを示したい一心でやってきた。ランニングコストの安さを実証して全国に広げたい」と話している。(13/4/17 東京新聞)

>日本エレクトライク は、 エレクトライク を開発し 10 月から販売を始める。
インド最大の2 輪車メーカー、バジャジオート製の3 輪車を改造し、エンジンを外してバッテリー・モーターを搭載。
郵便配達や宅配向けとして受注を目指す。
日本エレクトライクはインドから3 輪車を輸入して川崎市に建設した専用工場で生産する。
2 個のモーターを使い、左右駆動輪を別々に電子制御して安定走行を実現。
1 回の充電で 40 キロメートルを走行が可能という。
価格は 120 万円前後を見込む。(12/4/12 日刊工業新聞)

>同社によると、三輪EVの実用化は日本初。
本年度は十月から十台程度の販売を計画し、七月から注文の受け付けを始める。
価格は百万円以下となる見通し。
二〇一三年度に年間百台の販売を目指している。
一人乗りで、後部の貨物部分には百五十キロ程度の荷物を積むことができるという。
普通自動車の運転免許が必要で、一回の充電で約四十キロ走行可能。
宅配など市街地の短距離移動に使う「業務用コミューター」としての利用を想定している。(4/18 東京新聞)
comments
   
trackback
pagetop