November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

CODA(コーダ)

案の定の展開で、これまで記事にもしませんでした。

>米国のEVベンチャー企業、CODA(コーダ)オートモーティブは5月1日、米国デラウェア州の裁判所に、破産申請を行ったことを明らかにした。
CODAオートモーティブは2012年3月、EVの『コーダセダン』を米国カリフォルニア州で発売。
シャシーやボディは中国の自動車メーカー、哈飛汽車の4ドアセダンがベースで、組み立ても哈飛汽車が担当。
当初は米国へ輸入する計画だったが、CODAオートモーティブは市販車を米国での現地生産に切り替えて、「メイドインUSA」をアピールしていた。
モーターは、最大出力134ps、最大トルク30.6kgmを発生。
最高速136km/h(リミッター作動)、1回の充電での最大航続距離約200kmの性能を備える。
二次電池は蓄電容量31kWhで、充電時間は約6時間。
今回、破産申請に至った理由は、コーダセダンの販売不振。
2012年3月の発売以来、累計およそ100台を販売したに過ぎない。
そのため、同社は資金繰りが悪化していた。
CODAオートモーティブは今回の破産申請を受けて、自動車の製造・販売事業から撤退。
会社本体は投資会社のFortressインベストメントグループに売却され、今後はエネルギー貯蔵関連事業で再生を図る計画。(13/5/2 レスポンス)

>コーダは、14日までに社員の15%に相当する約50人を削減したことを認めた。
業務を合理化し、会社を適切な規模に調整するのが目的と説明している。
クリスチャン・サイエンス・モニターによると、コーダは商品の市場投入が他社より数年遅れたほか、商品利用者の論評も芳しくなく、前方からの衝突に対する安全性は5つ星中2つ星の低評価を受けるなど、厳しい状況にある。
当局との折衝および渉外担当副社長のフォレスト・ビーナム氏は「この人員削減は、ビジネスの継続に向けたポジション改善が目的で、商品の開発および供給は続ける。
品質と安全性は非常に重要で、コーダの車は該当する連邦自動車安全基準(FMVSS)を全て満たしており、道路交通安全局(NHTSA)のテストでは4つ星の総合評価を受けている」と説明している。
同社の4ドア車は、三菱の旧型車をベースにした車体を中国で組み立て、リチウム・イオン電池、トラクションモーターなどの駆動系をカリフォルニアで搭載しているため、米国製品として販売されている。
今年3月に販売を開始したが、これまでの販売台数は発表されておらず、自動車情報サイトのプラグイン・カーズは100台未満と推定している。(12/12/17 USFL)

>CODAが中国の自動車メーカーとの間で、低価格のEVを共同開発する契約を締結した。
これは24日、CODAオートモーティブの親会社、CODAホールディングスが発表したもの。
中国の長城汽車(Great Wall Motors)との間で、低価格EVを共同開発することで合意したのだ。
この新型EV、北米、中国、欧州市場への投入を前提に開発。
両社によると、現行の入門ガソリン車に対抗できる世界で最もリーズナブルな価格のEVを目指すという。
CODAは2012年3月末、EVの『コーダセダン』を米国カリフォルニア州で発売したばかり。
長城汽車は、中国の河北省保定市に本拠を置く自動車メーカー。
設立は1976年。現在世界120以上の国と地域に、完成車を輸出している。(4/26 レスポンス)

>CODAからは、新型EVの『コーダセダン』の現地生産開始が告げられた。
コーダセダンは、2009年6月に発表。
シャシーやボディは中国の自動車メーカー、哈飛汽車の4ドアセダンがベースで、組み立ても哈飛汽車が担当。
当初は米国へ輸入する計画だったが、今回、CODAは、米国での現地生産に切り替えることを明らかにした。
コーダセダンの現地ベース価格は、3万9900ドル(約307万円)。
補助金や優遇税制適用後で、2万9900ドル(約230万円)まで下がる。
10年、走行16万kmのバッテリー保証を付帯して、まずはカリフォルニア州で発売される。(11/11/23 レスポンス)

>CODAは3日、中国製の小型EVセダン、『コーダEV』を2010年秋、米国カリフォルニア州で発売すると発表した。
コーダオートモーティブは、法律家のマイルス・ルビン氏が代表を務めるマイルスEV社が立ち上げた新ブランド。
ルビン氏は早くから中国企業の電池技術に着目しており、マイルスEV社は米国内で中国製バッテリーを積む商用EVをリース販売している。
中国製で気になる衝突安全性に関して、コーダは「米国の基準はもちろん、ユーロNCAPの4-5つ星基準は満たす」と説明している。
コーダEVは2010年秋、充電インフラの整ったカリフォルニア州で限定発売。
価格は4万5000ドル(約434万円)だが、米国政府からの7万5000ドル(約72万円)の補助金が受けられるため、実質プライスは3万7500ドル(約362万円)となる。
コーダの試算によると、100マイル(約161km)を走行した際のコストは3ドル(約290円)。
米国で一般的なガソリン小型セダンが、燃費20MPG(約8.5km/リットル)とすると、ガソリン代は17ドル(約1640円)となり、コストは5倍の差がつくという。
1年間では2000ドル(約19万3000円)、10年間では2万ドル(約193万円)節約できると、EVのメリットを強調している。
しかし、最大の欠点はその没個性的なデザインだろう。
コーダは、「2010年に2700台、2011年には2万台を販売したい」と意気込むが、価格帯が異なるとはいえ、テスラの4ドアEVスポーツ『モデルS』と比較すると、あまりに華やかさに欠ける。
米国メディアの間でも、「販売目標達成は困難なのでは」との見方が支配的だ。(09/6/4 レスポンス)
comments
   
trackback
pagetop