November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

島田商会

島田商会

>多久市のリサイクル業「島田商会」(島田勝社長)が中古車を改造して電気自動車をつくった。
エンジンをモーターに積み替えた1年がかりの手作りエコカーで、家庭用コンセントからの8時間充電で約80キロ走行できる。
25日に車検証も取得。同社は「燃費はガソリン車の3分の1程度と思う。製造技術の販売を考えたい」と話す。
国内外で電気自動車開発が続き、自社製造を思い立って昨春から取り組んだ。2004年式のダイハツ「ブーン」を改造。エンジンやガソリンタンク、マフラーなどを取り外し、海外から取り寄せた出力約14キロワットのモーター、約100ボルトのリチウムバッテリー、バッテリー残量を示すメーターなどを取り付けた。
中古車購入費50万円を含め、開発に250万円程度かかった。
苦労した点は、モーターと駆動系の接続。エンジンと一対となった電子制御システムにモーターを認識させることに苦労した。佐賀ダイハツやダイハツ本社の協力も得て、配線図などの分析を重ねた。
サーキットでの試験走行などは行っていないため、最高速度や燃費、動力性能などの正確なデータ取得はこれからになる。
中心となって開発を進めた島田忠孝調査役(38)は「車検が通ったときは本当にうれしかった。当たり前だがガス検査がないのに感動した」と話す。
販売や技術供与など、商業ベースの計画はまだないが、島田調査役は「ブーンと同型のエンジンの車なら今回の技術を応用して電気自動車に改造ができる。海外にも同型のエンジン車は多く、二酸化炭素の排出権取引を目指す国に技術提供などができれば」と展開を見据えている。(09/9/26 佐賀新聞)

ひろしまEVタウン推進事業

ひろしまEVタウン推進事業

CO2を排出しない電気自動車(EV)の普及に向け、広島県は5日、観光客に貸し出したり、官民や地域でカーシェアリングしたりする「ひろしまEVタウン推進事業」の事業者を決定した。
ニッポンレンタカー中国(広島市中区)を中心にした6社のグループ。10月の事業開始を目指す。
6社は分担し、EV18台と、急速充電器11台を広島、尾道、福山、三次市など県内10市に配置する。7台はレンタカー専用で、JR駅や広島空港(三原市)の店舗に置く。11台は、地域で企業や住民が共同利用することを想定。ガソリン車より安い料金設定にする。利用のない日は県が公用車として使う。
購入費など9200万円は県が全額負担する。
6社はニッポンレンタカー中国のほか、ニッポンレンタカーサービス(東京)
▽三菱オートリース(同)
▽堀田輪業(府中市)
▽みずしま自動車商工(福山市)
▽稲垣自動車(安芸区)。
6社のグループは、旅行会社と協力してEVレンタルを組み込んだ観光商品を開発し、各地域の観光協会などに提案する。(10/7/6 中国新聞)

Act5:要らない粗品拒否で減らそう

要らない粗品は断ろう

何十冊も贈られるカレンダーや、グッズなど、そのままゴミ箱行きという物が多くないですか。

「年に3回は、何もなくても顔を出せ。」
「カレンダー持ってこなかったから、もう買わない。」
という消費者の方もいらっしゃいます。それを否定している訳ではありません。
価値観はそれぞれですから。

ただ、全く車に関係のないサービスがどんどん過剰になっているように思われる最近のディーラーは、いかがなものでしょうか。

もっと、リコールを減らす為の検査人員を増やすとか、環境への取り組みに力をいれるとか、敷地内に木を植えるとか、色々あるのでは。

レジ袋ではないですが、企業主導ではなかなかな変わりません。

そろそろ、車選びの基準を粗品や、値引き額だけで選ぶとか止めませんか。
2010年
福袋103 福袋102
福袋101 福袋104
福袋1011 福袋109 福袋1010 福袋107 福袋106

福袋105 福袋108
MINIのだけは500円(その他、定番BMW、シトロエンなど、有料モノは今回探しませんでした。)

粗品をもらったら、そのディーラーで車を買うのですか?
写真は福袋をまとめてみたのですが、この写っている数点のグッズのうち今使われている物はあるのでしょうか?  

また、購入後の点検・車検などの引き取り納車は必要ですか?
みなさんは、車検のコバックってご存知でしょうか?
愛知に本部がある、車検のFCチェーンを全国300店舗以上展開している会社です。
FC展開を始めたのは平成元年から。
それまでファジーだった車検費用を分かりやすくすることで、数倍の車検台数を獲得することに成功し、口コミでFC加盟店を増やしています。

何がファジーだったかというと、例えば引き取り納車。
1人で8台くらい顧客宅まで往復すると人件費が1台当たり2,500円かかります。
代車を使えば、その代車の使用料もかかります。
また、集金活動。
以前は請求書のみ渡して、振込みを待っていたらしく、払わない人が多かったので、電話や訪問などの集金活動がかなり大変だったとか。
そういう本来の業務(車検の為の点検・整備)以外の雑用が、ファジーでした。

さらに消費者側からいうと、車検から戻ってこないと費用が分からない・・・。

そういった『整備業界では常識でも、消費者にとっては?な事』を、今でもやっている工場が多いわけですが、コバックでは明瞭会計にしたことで支持されているのです。

そして似たような車検チェーンが増えています。

話を戻して、
車購入後の点検の引き取り納車を担当営業にさせる、
鍵の閉じ込みなどロードサービス的な事で担当営業を呼び出す、
カレンダーなどのグッズを強要するなど、
結局は、車代に含まれるわけですから、そろそろ意識を変えてみませんか。

福袋09

福袋 いりますか?
福袋07 福袋08

福袋091 福袋092 福袋093 福袋094 福袋097 福袋095 福袋096 福袋098 福袋099
08
福袋14 福袋13 福袋12 福袋11 福袋10 福袋8 福袋7 福袋6 福袋5 福袋4 福袋3 福袋2

メルマガバックナンバー

チーム・車屋マイナス 50%プロジェクト運営事務局では、06年8月からメールマガジンを発行し当プロジェクトをより詳しくお伝えしております。バックナンバーをまとめてみました。

読者登録はこちらからどうぞ チーム・車屋マイナス50

現在、最新版しか見れなくなっております。
初めての方には、大変申し訳ありませんが、再度ご訪問ください。

環境にも、お財布にもやさしい車社会を目指すプロジェクト『チーム・車屋マイナス50%』
チーム・車屋マイナス50%達成でどうなるの?
車屋を半分にしても大丈夫?
ディーラーの戦略と専門業者の対応
軽自動車という文化
軽自動車増税?
軽自動車のお徳具合
軽自動車売れ筋編
メンズに乗って欲しい軽
車を持たないという選択
カーシェアリング (車を持たないという選択)
チーム・車屋マイナス50%再確認
チーム・車屋マイナス50%再確認 パート2
チーム・車屋マイナス50%再確認 欧米か!
06年最後の『チーム・車屋マイナス50%』
メーカー・ディーラーって・・・。
チーム・車屋マイナス50%にご招待
「不都合な真実」に便乗
目指せ 2500万ドル!!
業界関係者のリアクションが思っていたほどないことについて。
環境にやさしいですよ詐欺
新車は売れない時代になりました
チーム・マイナス6%は数字合わせでしかない
環境問題への取り組みというのは難しい
『チーム・車屋マイナス50%』業者さん向けの話
排出権ビジネスに便乗?!
排出権ビジネスに便乗?!パート2
車が売れていないと僕達は楽しい。
第1回に続き燃費について考える
10万倍以上の予算をかけている割には・・・。
ガソリン価格高騰・高止まり中
「ビックマック半額でサーバーがパンク」で思うこと。
よ〜く、考えよう〜。
『チーム・車屋マイナス50%』プロジェクトは意図せず着実に進行中。
「もったいない」はいけないこと?
チーム・車屋マイナス50%プロジェクト再確認
ガソリン価格はまた上がるし、新車も中古車も売れないし、カー用品も競争激化で大変。
ビバ!電気自動車
「偽」
2008 年もやっぱり「偽」になりそう
冬の時代には春の話
エコの基準は何処ですか?
お店が減るとそれだけでエコ
国の政策はあながち間違っていないのかもしれない。

後半消されてしまったので修正中

最新版はこちらです。 バックナンバー第45回〜
trackback
<<back|<45678910111213>|next>>
pagetop